読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猪突猛進

猪突猛進したいけど、できない私です。

巣立ちの日に思うこと。

次女が進学の為に一人暮らしを始めた。

引越し先に泊りがけで出かけ一緒に引越し作業をして、

つい先ほど、家に一人で帰ってきた。

 

もう「ただいまー」という相手もいない。

大きな声で「わー」とか「おー」とか言っても誰も驚かせることもない。

 

 

娘と引越し先の駅で別れた後、

電車のホームに向かっていたら、

バカみたいに涙がポロポロこぼれてきた。

人目も気にせずに電車の中でもしゃくり上げるように泣いてしまった。

別れの日は泣くかなーって少しは思っていたけど、

まさかこんなになるとは思ってもみなかった。

バッカだなあ・・って思いながらも涙がなかなか止まらなかった。

 

長女も大学2年になる1年前にひとり暮らしを始めた。

だからこれで完全に私もぼっち暮らしだ。

ぼっちは寂しいだろうなって思っていたけど、そうじゃなかった。

ひとりが寂しいんじゃなくて、大好きな子供と離れることそのこと自体が寂しかったんだってよくわかった。

これほどまでに子供を愛してたんだなって改めて思った。

 

長女が4歳ちょっと前の時に離婚した。

次女は1歳半くらいだった。

別れてすぐの頃はよく「再婚しないの?」って聞かれた。

「しないよ」っていうと、

「またぁ・・とか言ってするんじゃないのー。」ってみんな言った。

でも全く再婚をする気はなかった。

考えたこともない。

(#ただし石油王は除く)

 

「経済的に暮らすことが何とかできるなら、子供たちは絶対に一人で育てよう。」ずっとそう思ってきた。

 

再婚をする人を否定する気は全くない。

これは自分の性格の問題だ。

再婚相手をちゃんと愛することができて、

子供のこともそれ以上に今まで通りに愛することができるなら全然問題はないと思う。

でも私にはその自信がなかった。

誰か好きな人ができたら子供に与えるべき愛情の分をやっぱり少しその相手に与えてしまうような気がしたからだ。

 

「片親で子供を育てて立派・・」とか世間ではよく聞くセリフだけど、

私は全くそうとは思わない。

父・母両方から本来ならもらえる愛情を片親では一人分しか与えることができないのだ。

たとえ別れた相手がどんな相手であったとしても、その家に生まれたのは子供の責任じゃない。

生んだのは親の責任だ。

その相手を選んで結婚してしまったのは自分の責任だ。

幸せに両親揃って二人分の愛情を貰える子供もいるのに、一人分の愛情しかもらえない子供にしてしまったのは自分の責任だ。

だから片親にしてしまった以上、2人分の愛情を子供には与えてやっとイーブン。

愛して愛して愛しきってやっと許されるんだと思う。

 

自分がそれをできてかどうかはわからない。

子供に聞いてみたら全然足りなかったって言われてしまうかもしれない。

でも気持ちだけはそういう気持ちでやってきた。

気持ちだけはね・・。

 

その子供たちも今日、次女の引越しが終わりとうとう巣立っていった。

親の役目が一応一段落した。

巣立ちの時だ。

 

先日引越しの準備をしながら家を片づけていたら、自分の古い日記帳がたくさん出てきた。

何を書いてあるんだろう・・と思ったら、バカみたいに

「子供がかわいい」「この子たちと暮らせて幸せ」「この子たちのためにがんばろう」

そればっかり書いてあった。

 

「いやーほんと、この20年間母親しかしてないわー」

って我ながら笑えた。

 

「ママーママー」って後をどこまでもついてくる幼児期もかわいかった。

 

大きいランドセルがだんだんと小さくなってくる小学生の時もかわいかった。

 

毎朝眠い目をこすりながら自転車に乗って朝練に行く中学生の時もかわいかった。

 

志望の大学を早々に決め、目標に向かって一生懸命頑張ってる高校時代もかわいかった。

 

ずっとずっとかわいかった。

あなたたちの母親をやれて私は本当に幸せだった。

 

 

 

さあ、でも巣立ちの時だ。

子供が生まれた時は遠すぎる未来だったこの日が来てしまった。

これからは繋がりながらも、それぞれの道を歩んでいく。

私もこれからは母親ではなく、もう一度自分の人生を生きる時が来た。

私も母親という役目からの巣立ちだ。

 

ずっとお蔵入りにしていた自分のやりたかったことをやっていこうと思う。

行きたい時に行きたいところへいこう。

やりたい時にやりたいことをしよう。

もう一度自分の人生を生きてみよう。

 

 

でもね、これだけは言っておく。

どこにいても何をしてても、いつでも変わらずにあなたたちを愛している。

最高に愛している。

 

 

以上。巣立ちの日に思うこと。

 

(気持ちの整理の為に書きましたm(__)m。失礼しました、まる。)

 

ps.そんなわけでみなさんぼっちの私といっぱい遊んでくださいね!

 

f:id:haginohagi:20170404020859j:plain